ラスカルの備忘録

ー 経済概観、読書記録等 ー

2010-04-17から1日間の記事一覧

”Kansian Economics”の行方

※文章を追加、および若干修正しました。(04/20/10) ケインズは、『雇用、利子および貨幣の一般理論』の最終章において、「金利生活者の安楽死」や「投資の社会化」について言及している。 資本需要に確たる限界があるのは確かだと思われる。限界というのは…