ラスカルの備忘録

ー 経済概観、読書記録等 ー

ふるまいよしこ「見知らぬ隣人」(JMM 04/14/05発行)

新しい時代の波の中で生まれてきた、現代の新たなエリート層といえる大学生やヤンエグのために常に中国政府は新しい社会体制開拓をしてきているものの、いかんせん、まだまだ旧態依然とした体制が残っているために、膨張を続けるヤンエグたちはまだ窮屈さを感じることもある。*1その窮屈さのうっぷん晴らしをさせるために、「愛国」を叫び、強くなった中国を再確認させようとしている(中略)。わたしが先週のデモを「おちゃらけ」と言い切る理由もそこにある。(中略)「日本製品不買」を叫んで商店の店先から日本商品を引っ込めさせ、日本製品の広告を破り、和食レストラン(これもまたヤンエグたちの新たな消費メッカである)の窓を叩き割る。そして家に帰れば、ドアを閉めて「ああすっきりした、愛国活動だ」といって日本製品でなごむという構図。
日本「製品」は深く中国人たちの生活に入り込み、もしかしたら彼らも意識しないほど彼らの生活の一部となってしまっている。(中略)そんな彼らの生活に「製品」と同じように日本「人」が入り込めれば、彼らが日本人を理解することが出来るようになれば、日本人が「オレの範囲外」でなければ、少なくとも電話でメールでわたしの安否を確認してきた友人たちのように、そんなに簡単に破壊行為に走らなかったのではないか。

*1:[引用者注]この件について、背景は反胡錦濤だとするfinalvent氏の言及