ラスカルの備忘録

ー 経済概観、読書記録等 ー

ある記事より

[東京 14日 ロイター] 大田弘子経済財政担当相は14日の閣議後会見で、7─9月期国内総生産(GDP)が実質で前期比0.5%増(年率換算2.0%)となったことを踏まえ、景気の基調は変わらないとの認識を示した。ただ、景気上振れリスクより下振れリスクをより注意するとしてきた従来の見解も変わらないとし、景気が踊り場入りする可能性について「可能性を完全に否定できないが、高いとも言えない」と語った。

 う〜む、なんて曖昧な表現...