ラスカルの備忘録

ー 経済概観、読書記録等 ー

岡田靖「米金融危機、最悪ケースでは現金への逃避現象健在化へ」(ロイター・インサイト)

 韓リフ先生経由。金融危機によってリスク回避行動が高まる場合、伝統的な金融政策の有効性は急速に失われ、テイラー・ルールに従うことは必ずしも正しいものとはいえなくなる。最悪の場合、換金性の高い資産が一斉に売却され、現金への逃避が生じることも考えられる。この「最悪の場合」というのは、米国経済が「流動性の罠」の状況に陥る可能性のことですね。米国経済も、ついにデフレに突入するのでしょうか。

関連エントリー