ラスカルの備忘録

ー 経済概観、読書記録等 ー

三島由紀夫「サド侯爵夫人」

サド侯爵夫人・わが友ヒットラー (新潮文庫)

サド侯爵夫人・わが友ヒットラー (新潮文庫)

 それぞれ、人間の気質や美徳を体現する女性たちによる議論の過程。第二幕最後の母・モントルイユ夫人と、その子・ルネ(サド侯爵夫人)との会話がこの戯曲のクライマックス。

関連エントリー