ラスカルの備忘録

ー 経済概観、読書記録等 ー

(号外)米国経済は事実上のデフレに突入

 先月31日に米国の2009年4〜6月期GDPが公表されました。市場の予想を上回る水準となったことが、世間の好印象につながっているようです。

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00160189.html

 ところが、GDPデフレーターはプラスが維持されているものの、輸出入の寄与を除いた国内需要ベースでみると、ついにマイナスです。完全失業率は9.5%ですが、物価が今後も下落基調*1であれば、しばらくは悪化が続くことになります。*2

 貨幣流通速度の低下傾向も変わっておらず、今後も継続的な金融緩和が必要な状況です。出口戦略を話題にするのは、まだ先のことでしょう。

 なお、日本の完全失業率は5.4%、真の失業率(12カ月移動平均)は5.0%です。

*1:ただし、コア・インフレ率は、1%台後半を維持。

*2:ほかに、こちらも参照:http://krugman.blogs.nytimes.com/2009/07/31/how-far-out-of-line-is-the-unemployment-rate/