ラスカルの備忘録

ー 経済概観、読書記録等 ー

ESPフォーキャスト調査による就業者数の予測

 16日に公表されたESPフォーキャスト調査により、今後の就業者数の推移を予測する。まず、実質GDPの水準はつぎのようになる。

 実質GDPは、緩やかに上昇しているが、経済危機以前のピークの水準に達するのは、2013年の第3四半期まで待つことになる。また、GDP就業者関数によって推計した就業者数は、つぎのように推移する。

 就業者数は、実質GDP成長率の伸びが十分ではないことから、現在の水準よりも低い水準でほぼ横ばいとなっている。