ラスカルの備忘録

ー 経済概観、読書記録等 ー

ブログ更新の一時休止について

 昨年の後半からブログをやることの意味が乏しく感じられるようになり、いいかげんやめようかなぁと思いつつ既に半年以上が経ちました。ここまで続けてきた主な理由には、昨年末から訪問者が急に増え、ブックマーク数の多いエントリーも目立つようになってきたことがあります。やはり、注目してもらうとそれ自体が書くことのインセンティブになります。
 しかしながら、最近ブログに熱中し、ネット中毒の「悪化」によって、実生活面でマイナスに感じることが出てきました。ブログを通じて情報を提供し誰かにみてもらいそれが誰かの役に立つことは、自分にとっての喜びではありますが、その結果、自分や自分の周囲の人間に犠牲を強いることになるのは本意ではありません。特に、ここ1〜2カ月は、自分の仕事、父親の健康、子供の教育等の関係で重要な時期に当たります。ついては8月末までの間、ブログの更新を原則として休止します。また、休止の間は、コメント欄を凍結します。
・・・・・・・・・・
 ブログをやることの意味が乏しく感じられるようになったと最初に書きましたが、その思いは今も変わりません。ブログを通じてお知り合いになった人もいるし、2006年10月の「R25」では、田中秀臣先生が紹介してくれたおかげで、このブログが紙面に掲載されたこともありました。

この頃は、ブログを通じての人間関係の広がりや、ブログ自体の将来性にも期待が感じられた時期でした。これ以上の快挙は今後はもう期待できないでしょうし、この先は、恐らく何の変化も生じないでしょう。このまま継続しても、そのときどきの楽しみということ以外、先につながる「何か」は感じられません。ブログへの投稿は一過性のものであり、日常的な会話(あるいはただの独り言)の延長に過ぎないように思われます。
 9月以降は、そのときの状況に応じて、ブログ更新を再開するか休止を継続するか、再度考えることにします。
 皆様のこれまでのご愛顧に感謝いたします。

(以上)